Skip to content

Zaha Hadid Architects

Your Starred Items

Archive Search
Studio
Your Starred Items

News

Statement from Zaha Hadid Architects on the New National Stadium, Tokyo, Japan

新国立競技場、ザハ・ハディド・アーキテクツ 2015年8月7日

 

Following Olympic Minister Endo’s meeting with Mr Maki, Zaha Hadid Architects (ZHA) note the ideas for the new National Stadium discussed at the meeting do not address the fundamental requirements that will deliver a cost-effective and sustainable National Stadium that guarantees completion on schedule. As the selected stadium designer, ZHA have considerable knowledge and experience of the project and site to offer new practical solutions.  

Mr Maki’s ideas simply address his desire for a smaller scale building on the site. ZHA together with our Japanese partners evaluated and proposed a smaller stadium with temporary seating at an early stage of the design development in 2013. However, this option did not meet the client’s requirements for a permanent 80,000 seat capacity National Stadium. These requirements are driven by the Stadium’s detailed business plan beyond 2020 and calculated by experts from forecast annual revenue of the Stadium, in conjunction with the requirements of key future-users such as the J-League. The Stadium’s long term business plan has always dictated the permanent seating capacity of 80,000 – and this has been the basis of the design. The current design with 80,000 seats has been approved in detail by Tokyo’s authorities in all aspects of safety and security for the Olympic and Paralympic Games, and beyond 2020. The original designers are well equipped to make changes according to a revised brief, for example reducing the permanent capacity of the Stadium, and are best placed to advise on how this would affect the ability to host national and international competitions, such as the football World Cup. This would make use of the investment in time, effort and resources by the Government and people of Japan into the existing team over the past two years and enable the Stadium to be completed to its original schedule in time for the 2019 Rugby World Cup ahead of the 2020 Olympic and Paralympic Games.

We have written to Prime Minister Abe offering support for the review and await his response. 

 

新国立競技場、ザハ・ハディド・アーキテクツ 2015年8月7日

ザハ・ハディド・アーキテクツ(ZHA)は、先日の遠藤オリンピック担当大臣と槇文彦氏の面談が、新国立競技場の本質的な要求であるコスト効果が高くサステナブル(持続可能)な国立競技場をスケジュールに合わせて完成させる、この目的について触れられていないと感じています。スタジアムのデザイナーとして選ばれたZHAは、このプロジェクトと敷地についてとても多くの知識と経験を持っており、現実的解決方法を新たに提案できます。

槇氏の提案は、単純にこの敷地により小さなスケールの建物を建てたいという彼の望みを示しているだけです。ZHAと私たちの日本側パートナーは2013年のデザイン初期段階において、仮設席を使った小さなスタジアムの提案を検討しました。しかしこのオプションは、固定8万席規模の国立競技場というクライアントの要求に合致しませんでした。この要求は、専門家による2020年以降の年間収益予測に基づいたスタジアムのビジネスプラン、またはJリーグなど主な将来のユーザー達の要求など、これらを合わせて導かれたものです。スタジアムの長期的なビジネスプランは、常に恒久的な座席数8万席から-これが常にデザインのベースとなりました。現在の8万席を擁したデザインは、諸官庁の詳細な要件を満たしており、オリンピック・パラリンピックに必要な安全性やセキュリティを2020年以降も満たします。元のデザイナーである私たちは、今後変更されるであろう与件に合わせた変更を行う準備ができています。例えば、恒久的な座席数を減らした場合、それが国内・国際競技の開催にどんな影響を及ぼすか、例えばサッカーワールドカップが開催できるかといったことです。日本の国民と政府が、過去2年にわたって現在のチームにかけた時間、努力そして投資を有効に使えば、2020年のオリンピック・パラリンピックはもとより、当初の完成予定であった2019年のラグビーワールドカップに間に合わせることもできるでしょう。

私達は既に安倍首相へ計画見直しの協力を申し出る書簡を送り、返信を待っております。